Recruit代表メッセージ

President Message

夢や希望を持てて、幸せになれるための職場を作るのが優先。
アコラに人生を預けてくれる社員を、HAPPYにしたいから。

私は「なぜ会社を経営しているの?」と訊かれたら、「スタッフを幸せにするため」と即答します。
みんなが幸せになるための環境を整えるのが社長の仕事。
店舗展開するのは、利益を出して、それをもとに給料を上げたり、ボーナスを出したり、休みを増やしてあげるため。実は、飲食店は繁盛するとすごく利益が出る業態です。アコラグループは頑張って働いたスタッフに利益をしっかり還元しています。
スタッフには「飲食業界で働いてよかった」と心から思ってほしい。そんなアコラグループの人材に対する考え方を少しご紹介します。

代表取締役 川島 直樹

働く仲間との人間関係を大切にしています。なぜなら最高のサービスをしたいから!

働く仲間との人間関係を大切にしています。
なぜなら最高のサービスをしたいから!

アコラグループでは「サービスとは何か」ということを常に考えてきました。食事をするために私たちの店舗を選んでくれたお客様に、笑顔で帰ってもらいたい。
そのため、スタッフ一人ひとりが自分なりに考え、時には仲間同士で議論し合ってお客様にとって最高のサービスを提供できるよう努力を続けています。スタッフに「心のゆとり」がないとお客様に良いサービスはできません。
仕事の悩みはほとんどが人間関係から来るものです。アコラには同業から転職してきた社員も多く、面接で愚痴を聞いたり、悩み相談になることもしょっちゅう。そして、転職してきた社員は口々にこう言います。「アコラはすごく居心地がいい!仕事は忙しいけどやりがいがある!」どの店も目標持って皆が取り組んでいるのでやりがいがありますよね。

でも、私は人手が足りないからとりあえず採用するということはしません。社員はみんなファミリーだと思っているから、今いるメンバーと楽しく働ける子かを基準に決めています。最高のサービスを提供するため、余計なストレスはなく、しっかり仕事に集中できる環境であることは約束します。

人は何歳からでも成長できる!50代で入社した社員もいます。

人は何歳からでも成長できる!
50代で入社した社員もいます。

アコラグループでは、18歳から50代までの社員が働いています。私がある女性社員から「居酒屋で店長をしている母親が飲食業界を離れようとしている」を話を聞き、「うちにおいでよ」と声を掛けに行き、50代で娘と同じ会社で働くことになった最年長の社員もいます。彼女は料理も接客も抜群で飲食業界が好きでしたが、前職では人材育成が不慣れで、なかなかスタッフが定着しない悩みを抱えていました。でも、アコラに入社してからは先輩から色々と教えられ、今では新店舗の店長を任され、20人以上の部下をイキイキさせています。また、スタッフには「店長」でなく「ゆみこさん」と呼ばれ、とても慕われています。年齢なんて関係ない。仲間と共に弱点を克服し、長所を活かせば、人は何歳からでも輝けるんです。

働きたい日は、自分たちで決めよう!毎週日曜に休む人がいたっていいじゃん。

働きたい日は、自分たちで決めよう!
毎週日曜に休む人がいたっていいじゃん。

アコラグループは、基本的に自由シフト。どの店舗も、社員でもアルバイトでも、好きな時に好きなように休んでいいことにしています。週末に絶対休みたかったら、休んでいい。
ある店長は家族に合わせて毎週日曜休みにしています。もちろん、土日連休もあり。
ただし、体調不良などのやむをえない理由以外で、当日シフトを勝手に減らしたりすることは厳禁。自分で決めたシフトは責任を持ってまっとうすることが約束です。
確かに飲食店は週末に人が要りますが、誰かが休んでも勤務する社員にしわ寄せがいかないよう、もともと社員は多めに配置。社員5人の店もあります。オペレーションが簡単な店は社員3人体制ですが、その場合は定休日を設けています。お店によっては深夜1時までだった営業時間も減らし、メリハリのある環境にしていくことで決めました。

これから社員の年齢層も上がってくるので、少しでも負担を減らして続けやすい環境にしたいとの思いから決めました。私はスタッフの生活を犠牲にしてまで、利益を追求しようとは思いません。みんなに約束を守ってもらう代わりに、限られた予算の中で利益をあげ、働きやすい環境を作れるよう、経営者として当たり前の努力をしています。

店長が20日間の連休を取り、海で子供と毎日遊んでリフレッシュ!

店長が20日間の連休を取り、
海で子供と毎日遊んでリフレッシュ!

飲食業は長期休暇を取るのが難しいという常識を破りたい。
アコラグループでは、社員へ3年勤務ごとに11日間のリフレッシュ休暇を付与しています。
ある店長は、8月に公休6日とお盆休み2日にリフレッシュ休暇を加えて、20日間の連休を取りました。夏休みの子供と一緒に実家に帰って、毎日海で遊んでいたそうです。
それを聞いた時は、自分の会社でそんな休み方をする社員が出てきたんだと感動して、うれしかったですね。実は、まだまだ有給取得率は高くないほう。みんななかなか遠慮して取ってくれないので、上長から率先して休んでもらうようにしています。
本当はどーんと休んで海外旅行なんかも行って、おいしいものを食べて、遊んで、勉強してきてほしいと思っています。

社員の成長に合わせて出店を続ける。夢はオーストラリア進出!

社員の成長に合わせて出店を続ける。
夢はオーストラリア進出!

アコラグループが2店舗目を出店したのは、創業から5年目のこと。1号店で活躍していたスタッフたちが成長し、彼らにもっと活躍の場を与えたいと考えていた時でした。これからも社員の成長に合わせた事業拡大をしていくつもりです。まずは2019年までに名古屋市中心部に直営店12店舗展開、その中でFC化のためのモデル店を作り、FCで全国展開を目指します。今後は、直営店の店長はもちろん、FC統括マネージャーなどのポストも生まれていく予定。どんどん上を目指せる会社にしていきます。そのための評価制度も現在整備中。ゆくゆくは、アコラグループの経営は成長した社員に取締役に就任してもらって任せていきたい。それで、私はアコラを立ち上げる前に暮らしていたオーストラリアのゴールドコーストにお店を出すという長年の夢を叶えたいと思っています。観光地からちょっと外れたベッドタウンで、地域密着の和食店をゴールドコーストで3店舗くらい展開して、軌道に乗せたらそれも社員に任せていきたい。常に新しいチャレンジをして、ワクワクできる会社でありたいと思っています。ぜひ、私たちと一緒に面白いことをやっていきましょう!

>新卒採用 募集要項へ >中途採用 募集要項へ >アルバイト 募集要項へ
>エントリーはこちら